自動車修理専門書店TEBRAは 「自動車修理専門書を完備した信頼できる修理工場」の拡大を目指しています。

このHPでは新刊、絶版、訂正、予約などの情報を随時発信しています。メルマガ、ブログ(トップページの左上から無料購読ください)、facebook,twitterなども併用して情報発信いたします。

フロントマンが急に辞めてしまい、見積りに困っています

    

質問:フロントマンが急に辞めてしまい、見積りに困っています。初歩から見積りを勉強するのに適切な書籍を教えてください。

初歩から見積りを勉強するのに適切な書籍を教えてください。

店長の回答:必要な資料(書籍)を揃えるところからスタート

・見積りに必要な資料をまず揃える必要があります。
1.パーツリスト
部品価格表です。以下の書籍があります。年次出版されています。
アジャスターパーツガイド
「見積りガイド 」

2.構造調査シリーズ=車種別に発行されています。作業範囲と指数値が載っています。限定販売書籍のため、発行されたら必要なメーカー車種だけでも購入しておくことを進めます。

3.参考書籍

改訂事故車修理見積り事典=困った時に、必要な語句索引から調べることができます。購入者にはFacebookで、追補情報が発信されています。見積りフロントマン必携書籍です。
THE見積り パーフェクトマニュアル=見積りの基礎学習テキスト
まんが見積り道場=見積りのヒントがわかりやすく載っています。

4.車体整備複写伝票=事故車修理見積りに特化した複写伝票です。コンピュータ見積りも便利ですが、はじめは手書きからがオススメです。40年間売れ続けています。

見積りは、事故車修理に関わる総合的な技能が必要とされますので、その他、接客参考図書や工場経営関係書籍なども徐々に取り揃えて、学んでいくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top