自動車修理専門書店TEBRAは 「自動車修理専門書を完備した信頼できる修理工場」の拡大を目指しています。

このHPでは新刊、絶版、訂正、予約などの情報を随時発信しています。メルマガ、ブログ(トップページの左上から無料購読ください)、facebook,twitterなども併用して情報発信いたします。

<新発売>自動車工学 2014年 02月号

 | 

自動車工学 2014年 02月号が発行されました。

2014-02今月の表紙
東京モーターショーに出展された代表的なコンセプトカー。 燃料電池自動車やハイブリッド車と電気自動車などの環境にやさしい車だけでなく,スポーツモデル出展も見られた。
特集

◆第43回 東京モーターショー2013◆
“世界にまだない未来を競え”
●コンセプトカーハイライト
<国産車編>
・本田技研工業(S660 CONCEPT , NSX CONCEPT)
・日産自動車(ニッサンブレードグライダー,アイディーエックス[IDx]フリーフロー&アイディーエックスニスモ)
・トヨタ自動車(FCV CONCEPT , JP TAXI Concept , TOYOTA FV2/TOYOTA i-ROAD , FT-86 Open concept)
・スズキ(CrossHiker , X-LANDER , iv-4 , HUSTLER Coupe)
・三菱自動車工業(MITSUBISHI Concept GC-PHEV)
・マツダ(アテンザASV-5/Mazda3 SKYACTIV-G & SKY-ACTIV-D2.2)
・レクサス(LEXUS RC300h , LEXUS LF-NX)
・富士重工業(SUBARU CROSS SPORTS DESIGN CONCEPT , SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT , スバル・レヴォーグ)
・ダイハツ工業(KOPEN , FC 凸 DECK , DECA DECA)

<輸入車編>
・BMW(BMW i8 BMW i3 , BMWコンセプトM4クーペ)
・フォルクスワーゲン(XL1 , twin-up! , e-up!)
・メルセデス・ベンツ(Concept S-Class Coupe)
・ルノー(DeZir)

●ショーの総括(世界をリードする安全と環境技術)
・FCV元年がすぐそこに/ハイブリッド車は普及期に/EV(電気自動車)と超小型モビリティ/安全は究極を求めて

●国産車編(日本初の次世代技術を搭載,国産メーカーの近未来車)
・トヨタ自動車/レクサス/富士重工業/ダイハツ工業/日産自動車/本田技研工業/マツダ/スズキ/三菱自動車工業の出展車の詳細

●輸入車編(具体化してきた輸入車のトレンド)
・ヨーロッパの高性能車とダウンサイジング技術に搭載される最新テクノロジー

最新技術・最新情報

・ホンダが「FCEV CONCEPT」を初披露
・日野自動車が先進安全技術を開発
・ホンダの超小型モビリティ――2点
・NTNが開発した新技術――3点
・「非空気入りタイヤ」が第二世代に進化
・ボルボとポールスターが共同開発の車両
整備技術

■整備日誌アラカルト
●走行中にエンストして、再始動不能――不可解なダイアグコード
(スバル・プレオ TA-RA1)
●ブレーキパッドの交換――事前の準備が大切
(マツダAZワゴン GF-MD21S)
●エンジンが始動できない――リビルトのオルタネータが不良
(スバル・サンバー LE-TT1)
●氷点下の日にエンジンが始動不能――燃料ポンプの不良
(三菱トッポBJ GF-H42A 改)
●日産車のスロットルチャンバ洗浄後の対処方法
(日産セレナ DBA-C25)
●ベルト鳴きの原因は…――複数の原因が重なって、苦労
(三菱パジェロ KD-V26WG)
●4WDにならない――4WDモータの不具合だったが…
(マツダ・タイタン KR-SYF6L)

■プロからプロへ
・日常作業いろいろ・その18
連載

●燃費和尚のクルマ社会アラカルト
・番外編「第43回 東京モーターショー」雑感①
養成講座

■誰にもわかる自動車の点検整備「エンジン編」
・ガソリンエンジンの故障診断〈続〉
その他

・クライスラー/ジープ サービス技術コンテスト2013
・第19回 全日本自動車整備技能競技大会
・2013~2014 日本カー・オブ・ザ・イヤー

・R & E(読者の投稿欄)/青信号でGO!(甲南ぶらり漫歩 倚松庵への道)
・モータースポーツエッセイ(第一次世界大戦の砲弾)
・JAF GP 富士スプリントカップ 2013

■ニュース & 紹介ほか
・国内ニュース/新製品紹介/第62巻後記総目次/編集後記

・発行=鉄道日本社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です