自動車修理専門書店TEBRAは 「自動車修理専門書を完備した信頼できる修理工場」の拡大を目指しています。

このHPでは新刊、絶版、訂正、予約などの情報を随時発信しています。メルマガ、ブログ(トップページの左上から無料購読ください)、facebook,twitterなども併用して情報発信いたします。

<新発売>大変革期 日本自動車産業は優位性を保てるか

 | 

大変革期 日本自動車産業は優位性を保てるか
12月3日 発売
上山邦雄著
A5判、全340ページ
「100年に一度」ともいわれる現在の変革期に、これからの自動車産業の将来像を描く上でも、過去の歴史をきちんと整理することは極めて重要なことである(著者)―。1900年代の序盤、悪戦苦闘を経て確立した日本自動車産業がその後、成長してきた背景には常に海外戦略が存在します。日本の自動車産業がグローバルに競争優位性を高めてきた要因となってきました。しかし今、電動化や自動走行をはじめとする車載技術の高度化が進み、消費者の価値観が大きく変化する中で、競争のステージが変わりつつあります。日本自動車産業のものづくり能力が今後の戦略にいかに発揮されるか。それを読み解くのに必要な、海外展開通史としてまとめられた一冊です。

主な編集内容
第1章 戦前期日本自動車産業の成立と海外展開
第2章 戦後日本自動車産業の再建と輸出の再開
第3章 高度成長期における自動車産業の発展と輸出の拡大
第4章 石油危機による打撃と回復からバブルの頂点まで―国際競争力のより一層の強化とグローバル化への対応期
第5章 バブル崩壊後の競争優位の弱体化と再確立
第6章 リーマンショックによる打撃と回復過程
おわりに 新興国の台頭・「CASE革命」時代における課題と海外展開
販売価格1,980円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です